サラシノールの力で肝障害も改善できる!?

寝ても疲れがとれない、いつも体がだるい・・・

ただの疲れだろうと放っておいてしまいがちですが、実はその症状は肝障害かもしれません。

一度肝障害を発症させてしまうと簡単には治すことができないので、原因や対策方法を知っておくことが大事です。

糖の吸収を抑えることができるサラシノールには肝障害が改善する効果があるとされているのですが、なぜサラシノールが良いのでしょうか?

サラシノールが肝障害に効果的な理由

サラシノールは糖の吸収を抑えて血糖値の上昇を抑えることができることからダイエットサプリに用いられる成分なのですが、なぜ肝障害にも効果があるのでしょうか?

その理由は腸内環境が大きく関係しています。

腸内環境が悪化することで悪玉菌を増殖させ、アンモニアを大量に発生させてしまいます。

アンモニアは肝臓の働きによって解毒されるので、大量発生してしまうとその分肝臓に大きく負担がかかってしまうのですね。

サラシノールには腸内環境を改善し、善玉菌を増やす効果が認められていることからアンモニアの発生を抑え、肝臓への負担を軽減できることから肝障害の発症を防ぐことができるのです。

また、サラシノールには善玉菌を増やしてアンモニアの発生を抑えるだけでなく、マンジフェリンやポリフェノールなどの抗酸化成分も含まれていることから肝臓を保護してくれます。

肝障害を発症させる原因とは

サラシノールには肝障害改善の効果があるとされていますが、そもそも肝障害を引き起こしてしまうのにはどのような原因があるのでしょうか?

肝障害といっても様々ですが、主な原因としてあげられるのが「高血圧」と「アルコール」と「ストレス」によるものです。

血圧が高くなるにつれて肝臓へも負担をかけてしまい、高血圧だけでなく、過機能も障害も併発させてしまう恐れがあります。

また、アルコールの大量摂取は肝臓に負担がかかることはご存知ですよね。

適度にお酒を楽しむのはいいのですが、あまりたくさん飲みすぎてしまうと肺機能にも悪影響となるので飲み過ぎには気をつけてください。

そして、過度にストレスがたまることでも肝障害を起こす原因となります。

中枢性神経ペプチドが自律神経系を介し、肝臓生理機能を調節することは医学的にも証明されており、ストレスによって自律神経が乱れることで肝機能にも影響を及ぼしてしまうのですね。

肝障害に見られる初期症状

肝障害の恐ろしいところは、初期症状だけでは自己判断しにくく、病院に行く頃には重症化してしまって取り返しの付かないことになることも…

ですが、ただ疲れているだけなのかそれとかも肝臓に負担がかかっているのか、自分では分からないですよね。

早めに肝障害であることが分かるだけで、症状を改善させる早さは断然に変わってきます。

主に肝障害の初期症状として見られるのが

・食欲低下

・むくみやすくなった

・お酒の味が分かりにくい、美味しく感じない

・寝ても疲れがとれない

・体がだるい

このような症状が続いていると、肝障害を発症している可能性があります。

症状が収まらないのであれば、一度病院に診察してもらうようにしましょう。

風邪と類似している症状なので、つい見逃してしまいがちですが、症状がさほど重くなかったとしても早期発見すれば改善させるのも早いので体調料が続くようなら必ず専門医に診てもらってくださいね。

サラシノールには肝障害を改善する効果があるとされているので、肝機能に不安を感じている方は摂取するのをおすすめします。

原因不明の体調不良が続く場合は肝障害を発症させている可能性があるので、少しでも症状が見られる場合は必ず専門機関で調べてもらうようにしましょう。