危険!?メタバリアSを飲むと腹痛や下痢になるって本当!?

ダイエットを成功させるために頑張っていても、なかなか生活を送っていると急に外食しないといけなかったり、食べることが大好きでつい食べすぎてしまうこともありますよね。

メタバリアSは食べた物の糖分の吸収を防ぎ、簡単に糖質制限できるサプリとあって多くの美容家やダイエッターから注目されています。

しかし、メタバリアSを飲むと腹痛や下痢になるといった声も…

腹痛や下痢になるのは副作用が関係しているのでしょうか?

メタバリアSで腹痛や下痢を起こす原因って?

メタバリアSの成分を調べてみても、直接的に腹痛や下痢を引き起こすような危険な成分は入っていませんでした。

それならばなぜメタバリアSには腹痛や下痢になったといった情報が流れているのでしょうか?

考えられる原因についてまとめてみました。

・過剰摂取

メタバリアSの摂取目安量は1日8粒とされています。

しかし、早く痩せたいからといって1日8粒摂取してしまうと、成分効果が出すぎてしまい、腹痛や下痢になる危険性も。

摂取目安量以上飲んだからといって、効果が倍増するわけではないですし、副作用を起こす原因にしかならないので、必ず摂取目安量を守って摂取してくださいね。

・もともと下痢気味

メタバリアSを飲む以前にすぐにお腹を下しやすい場合は腹痛や下痢になることも。

メタバリアSに含まれているサラシアには腸内環境を改善する効果があることから、もともとお腹が弱いと腹痛を起こしやすくなってしまいます。

お腹を下しやすい方はまずは摂取量を少なめにしてみて、調節しながら摂取するようにしてくださいね。

腹痛や下痢が悪化しているのに無理に続けてしまうと、体に大きく負担がかかってしまいます。

・成分アレルギー

メタバリアSに配合されている成分の中にアレルギーある場合はアレルギー反応を起こしてしまうことも。

成分アレルギーがあるなら、いきなりメタバリアSを摂取するのではなく、まずは成分表をチェックして該当する成分がないかどうか確かめてから摂取するようにしましょう。

アレルギーレベルが低いから大丈夫と無理に飲み続けてしまうとアレルギー反応が重症化してしまう恐れもあります。

また、成分アレルギーを持っていることに気づいていないこともあるので、メタバリアSを飲んでいて腹痛や下痢を収まらない場合は一時使用をストップし、病院に行って検査してもらいましょう。

お腹が張って腹痛が起こる?

通常の腹痛とは違い、メタバリアSを飲んでお腹が張ってしまい、腹痛に似た症状を起こすことも。

副作用に感じてしまいますが、実はお腹が張る原因はメタバリアSを摂取したことで腸内環境が改善されることでガスが発生しやすくなってしまうのです。

ガスが発生しやすくなることでお腹が張ってしまい、まれに腹痛を起こすことがあるのですね。

しかし、この症状はいわゆる好転反応なので、腸内環境が改善されている証拠でもあり、副作用ではないので安心してください。

ガスが溜まるのも1〜2日程度で収まるので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

どうしてもガスが気になるのであれば、メタバリアSを初めて摂取した当日は出かけない日を選んでくださいね。

メタバリアSを飲むと腹痛や下痢が起こると噂が流れていますが、原因を改善すれば症状は収まってきます。

どうしても腹痛や下痢が続く場合は別の原因も考えられるので、一度メタバリアSの摂取は止めてかかりつけ医に相談しましょう。

メタバリアSはフジフィルムが作っていることもあり、大手の会社なので信用性も高いので安心ですよね。

心配な方は公式サイトから買えるトライアルパックから始めてみるのもいいでしょう。

まずは気軽に使ってみてくださいね。